大切なお知らせ

こんにちは。長村さと子です。
 
どろぶね、どん浴、Doumo、Dope に
いつもご来店いただき、
また、お店を応援をして下さり
本当にありがとうございます。
 
春を迎えようというこの季節、昨日は雪が降りました。
時を同じくして、新型コロナウィルスが
東京での感染者数を増やし猛威を振るい始めています。
 
 
普段とは違う生活を送っていらっしゃる方も
少なくないと思います
 
わたしたちもまた、そのうちの一人です。
 
 
新型コロナウィルスのまん延を防ぐため
密閉、密集、密接の「3密」を避けるべく
多くの自粛が要請されています。
 
数多くのイベントが中止になり
自宅から仕事をする人も増え
国の移動が制限され、街には人が少なく
飲食店である当店も非常に大きな影響を受けています。
 
 
買占めなどが起こったりする中、食事を提供する為にも
時間を短縮しながら店を開けてまいりましたが
いよいよ、今の感染拡大を受けて
決断をしなくてはいけないと思っております。
 
 
散々どうしたらよいか考えました。
 
お店で働いている人たちもいます。
 
 
政府の方向性も不透明で、保障もなく
できる限りのことはするつもりで大家さんに
家賃についての支援をお願いしたりもしましたが
良いお返事も頂けず
お店自体、正直、この新型コロナの影響に
負けそうな状況です。
 
 
困窮か、はたまた感染のリスクか
 
自己責任で選ぶというのは、本当に苦しい決断です。
 
強制力がある通達が出ない限りは
お店を開け続けるという選択もできます。
 
けれどもお店を開ければ
きっと来てくれる優しい人もいて
結局は応援してくださる大切な方々を
感染のリスクにさらしてしまうことになります。
 
 
そしてそれは、
安全な場所、コミュニティづくりを
目指している当店としては、
一番あってはならないことだという結論に至りました。
 
 
まず一つ、
自分や一緒に働いてくれているスタッフ、
そして来て下さる皆さんの安全を一番に考えて
一旦、来週いっぱいお店をCloseする決断をしました。
 
 
対応店舗では近所の方に向けてお持ち帰りと
ウーバーのみ営業する可能性はありますが
しばらく店舗自体での営業はお休みです。
(どん浴は30日のみ15-21時で営業し、その後close)
 
 
状況をみながら、オープンをする日、時間
又、オンラインbarの開催など、
各店舗のツイッターでお知らせします。
 
 
そしてもう一つ
 
これはお願いになるのですが
Closeするにあたり
未来のお客様を募集をすることにしました。
 
 
Dgroup応援プロジェクトとして、以下のサイトより
次回来店時にそれぞれの店舗で利用できる
食事やドリンク券などを購入する事ができます。
 
 
もし、よければ、応援をいただけましたら
甚だ幸いです。
 
 
ただ現在、今回の新型コロナウィルスの影響を受けて
厳しい状況の方もいらっしゃると思います。
絶対に無理はしないでくださいね。
 
 
気候がとても不安定なため、
体調を崩しやすくなっていると思います。
お仕事によっては外に出て
働き続けなくてはいけない方もいらっしゃると思います。
 
 
どうか、皆様できる限り安全で健康で、
無事にいられるように心からお祈り申し上げます。
 
 
もしも、家にいることが安全ではない場合には、
直接メールやDMで連絡をください。
 
 
一緒にこの危機を乗り越えましょう。
そして、そのあとは、是非お店に来てください。 
 
 
最後になりましたが、
他のお店でも同じように大変な思いをし
苦しい状況のお店も少なくないと思います。
 
当店の判断は、他のお店の判断を
否定するものでございません。
 
お互い非常に苦しい中
何が最善か考えての決断をそれぞれがしている、
それだけだと思っています。
 
その決断に、心よりエールを送ります。
 
 
宜しくお願いいたします。
 
 
代表 長村さと子

一年が経ちました。

こんにちは。どん浴のさとこです。

去年の11月22日に足湯cafe&barをオープンして1年が経ちました!!

クラウドファンディングでたくさんの方にご支援をしていただきスタートしたどん浴。

この一年は長かったような、過ぎてしまえばあっという間だったような、とても充実した一年でした。

一年続けてこられたのは一重に応援してくださる皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

この一年、色々なことにチャレンジしました。

多くの方に企画やご参加いただいたイベント、トークショーや交流会、出版記念イベント、撮影会、チャリティイベントなど。

元々「全ての人がカテゴライズされずにゆるっとのんびりできる場所」、「セクシャリティジェンダー、国籍、思想、人種問わず誰もが自分らしくいられる場所」というのが、どん浴のコンセプトですが、そのコンセプトを現実のものにできた、なりたいお店の姿に一歩近づけた一年であったと振り返って思っています。

未成年でも来ることのできる新宿二丁目で昼間から開けようとした結果、実際に未成年のお客様にもご来店いただけました。子供からお年寄りまで誰でも来て欲しいと発信した結果、赤ちゃん、妊婦の方、70代の方にまで、お店に来ていただけました。

多様性やLGBTQという言葉は今や数年前に比べれば目にすることが多くなった言葉ですが、実際にじゃあ多様性ってなんだろうか、LGBTQの中には具体的にどんな人がいて

その人はどんな人なんだろうか。文字だけではわからない世界がお店にあり、色々な方と一緒に改めて一緒に考えたり、体感したりできた、そんな一年でした。

そしてやればやるほど、セクシャルマイノリティとかいう人の共通項である一枚のレイヤーのであり、さらにもっと多面性の繋がりを持っていきたいなー知りたいなーっておもう一年でした。

1年目で実施したトークイベント

ーーーーーーーー

第22回 性のトーク(女性限定)

23 アメリカのファンドレイズとつながりの話

24ペットとわたしたち(動物保護)

25 Xジェンダートーク交流会

出版イベント[男娼]

26 第2弾 性のトーク(癌サバイバーとコミュニティ)

27 バリアってなんだろう(1月に延期になりました!)

28 パンセクシャル×アセクシャル

29 オランダと日本の子作り子育て談義

そのほかにもトークショー以外の多くの交流会など開催しました!

ーーーーーーーー

先日行った11月22日23日に1周年パーティーではお祝い言葉やお花やプレゼントもたくさんいただき本当に嬉しかったです。

ご来店いただいた皆様をくださった皆さま、こられなくても遠くから応援してくださっている皆様、どん浴に関わってくださるお一人お一人に心より感謝しています。本当にありがとうございました。

f:id:DONYOKU:20191204234959j:plain

f:id:DONYOKU:20191204234729j:plain

実際大変なことも沢山ありました。至らない点も多々あったかと思います。

この場を借りて一つご報告をさせていただきますと、

一緒にお店を始めた共同代表である大路と泉は10月末をもって一身上の都合ということで退職いたしました。

クラウドファンディングを含めて二人を応援してくださっていた方もいらっしゃるかと思います。

残念な結果になりましたが、ご期待に添えなかった部分につきましては残った会社の代表として皆様にお詫び申し上げます。

そしていつもどん浴という場所を愛してくれてるお客様、支えてくれてるスタッフのひとがいる大事な空間をこれからも守っていきたいとおもってます。

どん浴はこれからもより多くの皆さんに、ゆるっと心地よい場所であるために進化し続けて行きたいと思っています。より良いお店を目指していきます。これからもますますの応援をいただければ、大変心強いです。

こんなことをやりたい、あんなことができたらいいな、そんな声も大大大募集しています。

まずは、節目の一年に際しまして、皆様への心からの感謝をこめて。

1周年の様子を少し書きますね

22日はプロカメラマンのmickeyさんによるポートレート撮影会。

多くの方が参加されていて笑顔であふれました。

カップル写真、お一人での宣材写真、一番好きなカッコでの一枚、妊婦さんなど本当に様々な方々に参加して頂いて

なかなか記念に撮る機会もないから嬉しかった!という反響がとても多かったです。

mickeyさん、汗だくになりながらぶっつづけに撮影して頂き本当にありがとうございました!

f:id:DONYOKU:20191204234805j:plain

23日はさとこ母とおかんめしという企画がありました。

おかん料理を楽しみに来てくださる方々、本当にありがとうございます。

おかんめしは姉妹店で7年ほど前から時々開催される原価率80%という驚異の本格的な家庭料理をテーマに大人気イベント。

子供が自立しおとんが亡くなってから、おかんは30年ぶりに外で働いてます。今まで専業主婦やっていた毎日ですが、ぐっと料理をする時間も減ってしまいました。

おかんデイはいろんな人が遊びに来ます。母が一番楽しそうで娘孝行?親孝行?忙し過ぎて親不孝に時々なったりもします。笑

季節料理が多いのでシーズン開催しますのでまたよかったら遊びに来てください!

食べたい料理のリクエストもお待ちしております!

f:id:DONYOKU:20191204234856j:plain

どん浴のどんよくなレインボーウィーク

こんにちは、どん浴の大路です。

 

今回は先日のイベントのレポと、これからのイベント3本の告知を書かせていただきます~

 

目次

 

 

 お花見&房総バスツアーレポ

 

先日は花より団子会、そして房総バスツアーと春らしいイベントをやっておりました。

 

まずは6日の花より団子会の様子

 

 

桜、散ってるんじゃないかと心配してましたがちょうど満開でお天気にも恵まれました

 

お散歩の後の室内花見ではUNOや人狼ゲームで盛り上がりまして、のんびりした春らしい会になりました~

 

f:id:DONYOKU:20190409182544j:plain

 

私じつはものすごい雨女でして、屋外イベントでの降水確率は7割超えなんですけど、今回はお天気に恵まれました。

よかったー。お天気がもつかどうか、すごい心配だったんですよ~

 

きっと参加者の皆さんの普段の行いが良いからですね!

 

 

そして4月7日のバスツアーは満員御礼にて、房総の春を満喫してきました~

 

f:id:DONYOKU:20190409183732j:plain

 

 

そしてツアーの途中で立ち寄った動物保護団体スクウさんでは、猫や犬やヤギと戯れる幸せな時間を過ごせました

 

 

私もヤギの錵(にえ)と散歩したんですけど…ヤギってけっこうパワフルなんですね。

そして道端の草をめっちゃ食べる。

しかも片っ端から食べるわけじゃなくて、ヤギ的に美味しいのを選別して食べる。

そして想像以上に跳ねる…!ヤギと歩く道はとっても新鮮でした。そして土地があればヤギ飼いたいと思いました。

 

ヤギのことばっかり書きましたが、スクウにいる犬と猫は里親募集たちがほとんどです。

ただいまどん浴では彼らの写真を掲示中ですので、ぜひご覧になってください。

 

 

動物との生活には興味あるけど、どうやったら一緒に暮らせるかなあと思っている方も多いかと思います。

そんな方にピッタリのイベントを企画しましたので、後半の告知をご覧ください!

 

 

はい、そしてここからは毎回恒例の告知です。

 

4月20日 縁側オフ for Bisexual

 

 

バイセクシュアルの方から、LやGのコミュニティには参加しづらい(いつか異性と付き合って結婚しちゃうんでしょとか言われる)とか、異性の恋人ができるとゲイバーやレズバーに行きづらくなるなんてお話をよく聞きます。

バイセクシュアルのコミュニティやオフ会の数も少ないし寂しいというお話も。

 

なので、今回の縁側オフはバイセクシュアルの方たちが、ゆるっと交流できる場にしようと企画しました。

バイセクシュアルのあるあるネタで盛り上がったり、一緒に二丁目に遊びにいけるお友達を作ったり、そういう会にしたいなーと思います。

 

そうそう、「男性も参加していいですか?」というお問い合わせをいただいていますが、むしろ歓迎です!!

私もバイセクシュアルの男性が周りにいないので、お話聞いてみたい!

 

それから、「自分がバイセクシュアルなのかどうかはっきりしないのですが参加していいですか」というお話もいただいていますが、そういう方も歓迎です!

 

色んな人とお話してみて、あ、僕やっぱバイセクシュアルだわと思うのも、私もしかして違うかもって思うのも、どっちも素敵な気づきだと思います。

そんな感じで、深く考えずにご参加してもらえたら嬉しいです~!

申し込みはコチラのフォームからお願いします♡

forms.gle

 

 

5月4日 ほぼXジェンダー交流会

 

f:id:DONYOKU:20190409190736p:plain

 

どん浴では毎月、labelX代表の藤原和希さんが「Xジェンダーのたまり場」を開催されています。
Xジェンダー絡みで交流したい方が集まってお喋りする、いつ来てもいつ帰ってもOKなゆるい会で、毎回10人以上の方が和気あいあいと楽しんでいる会です。

今回はレインボーウィーク拡大版として、「ほぼXジェンダー交流会」を企画しました。

labelX代表の藤原和希さんとどん浴メンバーでお送りするプチトークイベントの後は、お互いを知られる簡単なゲームなどで楽しく交流しましょう★

Xジェンダーの方を中心にした交流会ですが、ちょっと自分のジェンダーに違和感あるかも?という方から、違和感を持ったことない方も参加OK!


どん浴は新宿二丁目に昼からオープンしている足湯があるカフェ&バーです。
年齢やセクシャリティや国籍などカテゴライズから自由になろう!というオールミックスな店です。
スタッフも全員LGBTQ。
きっと普段より自分を出してお話できると思います。もちろん美味しいドリンクとフードもご用意しますよ~

ぜひお気軽にご参加ください


藤原 和希(ふじわら かずき)Xジェンダーための会員制サークルlabel X代表。label Xは会員数約130名(2019年3月現在)で全国規模のオンラインコミュニティ。代表はX当事者で普通のサラリーマンです。


日時:5月4日 14:00~17:00
場所:足湯cafe&bar どん浴
会費:2000円(フリードリンク&軽食付き)

※定員40名程度までとなります。

 

お申込みはこちら↓

forms.gle

  

 

5月5日 動物保護団体スクウ コラボイベント「ペットと私たち」

 

f:id:DONYOKU:20190409191245p:plain

 

ペットとLGBTって何か関係あるの…?あるんです。

ペットを家に迎えるには、「ペットショップで購入する」ほかに「動物保護団体から譲渡してもらう」という方法があります。

ですが動物保護団体の中には、独身男性や同棲中のカップルは譲渡不可…といった制限を設けているところも多くあり、さらには譲渡にあたり、かなりプライベートな情報を開示しなければならない場合もあります。

セクシュアリティをクローズにしているLGBTの方にとって譲渡のハードルは高いと言えると思います。
そのためになにも知らずに不適切な繁殖や飼育をされている動物をペットショップから購入してしまう人も…

そんな中、異色の?!動物保護団体「スクウ」はLGBTQに関わらず全ての動物を飼いたい人に間口を広げ、より愛玩動物に寄り添う生活を提案しています。

難しい話、辛いお話、誰かを責めるような話、そんなことばかりじゃないです。

今回のイベントは「スクウ」の代表を務めている甲本永久さんと、樋燈灯さんのお二人をお招きし、「ペットと私たち」をテーマとしたトークイベントと、動物好きさんと交流できるパーティを企画しました。

トークイベントは、動物が好きな方、動物との生活にちょっと興味がある方がラフに聞ける内容です。

パーティでは動物モチーフの服装(動物がプリントされている服や動物耳のカチューシャなどでOK!)で1ドリンクサービス!楽しく動物好きさんと繋がりましょう~


動物保護団体スクウ
ドッグトレーナー/トリマーでガン探知犬育成に携わる甲本永久と、クラブイベント等と保護動物のコラボ企画を行うオーガナイザー樋燈灯が代表を務める保護団体。犬や猫の保護を中心に2008年より活動中。LGBTQに関わらず全ての動物を飼いたい人に間口を広げ、より愛玩動物に寄り添う生活を提案している。

 

日時:5月5日 

第一部トークイベント 18:00~19:30
   第二部 動物好き交流パーティ 20:00~22:00
場所:足湯cafe&bar どん浴
会費:第一部トークイベント:500円
第二部パーティ:2000円(1ドリンク軽食つき)
※パーティでは動物モチーフの服装(動物プリントのTシャツやアクセサリーでOK!)で1Dサービス

今回、皆様から頂いた会費の15%が動物保護の寄付金にあてられます

 

お申込みはこちら↓

forms.gle

 

レインボーウィークもどん浴はイベント盛りだくさん!ぜひこれを機にお越しくださいませ~

 

それでは今回はこの辺で★

イベントでもお店でも、お会いできるのを楽しみにお待ちしております。

 

 

大路香里

 

どん浴HP→http://donyoku.dosl2018.net/

どん浴Twitterhttps://twitter.com/donyoku2018

大路香里Twitterhttps://twitter.com/Donyoku_oji

 

春はあけぼの、どん浴は花より団子

こんにちは、どん浴の大路です。

もう3月も終わり…え、もう終わり!?早い早い!!

 

3月後半のイベント、縁側オフ会は初のどん浴主催のカフェオフでした。

みんなで自己紹介ビンゴをやったり、ケーキやレインボードリンクを楽しんだりと、和やかな会となりました。

終わったあとも参加者の皆さんでカラオケに行ったり、残って足湯に入ったりされてましたよ☆

いいご縁が生まれていたらとっても嬉しいです。

 

 

 

縁側オフ会はシリーズでやる予定で、毎回テーマを変えてやっていきたいなと考えています。

今回はfor Ladiesでしたが、次回はfor Bisexual を企画しています。

バイセクシュアルの方々から、同性とお付き合いすると「どうせいずれは異性と付き合って結婚しちゃうんでしょ」と言われたり、異性の恋人ができるとゲイやレズビアンのコミュニティには居づらくなる…というお話をよく聞きます。

 

そんなバイセクシュアル同士の方のあるあるネタや、男性を好きになるときと女性を好きになるときの違いなどなど、まったり話をしつつ仲良くなる会を企画しようかと思っています。

 

4月20日 14:00~16:00予定で企画してます☆

申込フォームなどはまた後日公開させていただきますので、もうちょっとお待ちください。

 

 

そして、3月31日は悪女ナイトでした!

 

 

 

 

こんな感じで、思い思いの悪女(一部 妖怪?)を披露してくださいました。

装いを楽しむイベント、またやりたいなー。

例えばゴスロリとか着てみたいって思ってても踏み出せない…という人のためのゴスロリ体験オフ会とか。

次はもっとパワーアップしてお届けするつもりなので、こちらもお楽しみに~!

 

 

さて、そんな3月も過ぎようとしていますが…4月も1週目からイベントがあります!

 

4月6日は姉妹店3店舗合同の「花より団子会」やります!

 

 

選べるフード付き!

持ち込み大歓迎のお花見です~。宴会は室内なので、雨でも安心!

普段はどん浴しか行ったことがないというお客さま、姉妹店のお客様も気さくでいい方ばかりなので、ぜひこの機会に交流してもらえたらと思います☆

 

ご参加お待ちしています~★

 

申し込みはコチラから↓

 

 

最後に、今後のイベントスケジュールをさらっと載せますね!

4月6日 3店舗合同花より団子会

4月13日 Xジェンダーのたまり場

4月20日 縁側オフ会 for Bisexual

4月28・29日 TOKYO RAINBOW PRIDE フードブース参加

5月4日 Xジェンダーのたまり場 GW拡大版

5月5日 ペットと私たち 動物保護団体スクウ トークイベント

 

め、目白押しだな…(自分で書いていてびっくりした)

随時告知していきますので、ぜひぜひ遊びに来てくださいね!

 

 

大路香里

 

どん浴HP→http://donyoku.dosl2018.net/

どん浴Twitterhttps://twitter.com/donyoku2018

大路香里Twitterhttps://twitter.com/Donyoku_oji

 

 

 

東北LOVEオフ会のお礼と、どんよくはセクシュアリティ関係なく来れますよの巻

こんにちは、どん浴の大路です。

 

3月11日の東北LOVEオフ会、ご参加くださった皆様ありがとうございました!

 

持ち寄りのお酒も 食べ物も美味しくて、参加者の皆さんも和気あいあいでした

 

 

 

https://www.instagram.com/p/Bu3_aeeBIt-/

 

 

20名ほどお集まりいただきましたが、今回は東北6県の出身者がコンプリートでした!

そして参加者の方の半分近くは東北以外のご出身の方で、これまた嬉しい限りです!

 

終わった後も、「行きたかったけど、東北にゆかりがないから行っていいのかわからなかった…」という声を何人かから聞いたのですが、大丈夫です!

 

大事なのはLOVEです。愛ですよ、愛。

 

 

東北方面行ったことないとかでも全然構わないんです。3月11日に、東北に思いを馳せつつ、これ美味しー!って言いながら楽しめれば。

 

次回もやりますので、その時は気兼ねなく来てけさい!

 

 

 

さてさて、話は変わるのですが最近よくいただくお問い合わせで、どん浴はレズビアンの方が多いので行っていいのかな…というのがありまして。

 

確かに、現在は割合としてLの方が多いのは事実ですが、大歓迎ですほかのセクシュアリティの方!(レズビアンの人ももちろん歓迎ですよ!)

 

夜より昼間のほうが自由な時間があるとか、お酒は苦手だからバーには行き辛いという方、いらっしゃると思うんです。

それから、二丁目には行ってみたいけど勇気が出ない…という方も。

 

 

そういう方が気兼ねなく来られる場所になりたいなと思うんです。

迷っている方は是非、水色のドアをちょっと押せば入れますので、気負わずお越しくださいませ。

 

そして今後は色々なセクシュアリティの方が来られるイベントをたくさん企画します★

 

 

 

さてさて、最後に今後のイベントの告知をさせてください。

 

まず3月24日、どん浴縁側オフ会For Ladiesです。

 

 こんな感じで、レインボードリンクやケーキご用意しております。

お互いを知られるようなゲームもありますし、景品として足湯ペアチケットなんかも当たるかもです!

 

さらにさらに、初めての人と話すの緊張するーって方のために、スタッフのゆっきー&おーじがサポートしますよ☆

 

今のところ10名以上の方が参加予定です。

あまり大人数になる前に締めきっちゃいますのでお早めにお申込みくださいね~

 

日時:2019年3月24日(日)14:00~16:00
会場:足湯cafe&bar どん浴 アクセス :: 足湯cafe&barどん浴
会費:2500円(1ドリンクお茶菓子付き)※レインボードリンクは飲み放題

 

申し込みはこちら↓

 

 

 

そしてお次は3月30日!みんなで悪女の格好して楽しもう!なイベント、どん浴「悪女ナイト」です。

 

f:id:DONYOKU:20190309114400j:plain

「コラージュ」悪女ナイト

 

何度も言いますが、女装さん大歓迎です!!

 

そしてこんなにキレイなスタッフさんも、当日はいらっしゃいます!!

 

 

 

恰好はあなたの思う悪女でOK!女装の方と仲良くなりたいとか、キレイのコツを聞きたい方も大歓迎です。

セクシュアリティ関係なくお越しいただけますよ。もしメンズ服を着たい方は、全身黒コーデでお願いします☆

 

悪女っぽい(どん浴メンバーの勝手なイメージ)カクテルとか、1コインフードなんかもご用意します。 

 

悪女のあなたに会えるのを楽しみにしています!

こちらは事前申し込み不要です。当日どん浴までお越しくださいませ。

 

イベント詳細
日時:3.30(土)19:00~22:00
会場:足湯cafe&bar どん浴 アクセス :: 足湯cafe&barどん浴
費用:¥2500(1ドリンク付)
条件:18歳以上クロスドレッサーにポジティブな方 ※IDチェック有

 

 それでは、本日はこの辺で!

4月以降もイベント盛りだくさんにする予定です。

 

そして貸切などの予約も承ってますよ!こんなイベントやりたいけど場所を探している方は、info@dosl2018.net までぜひぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

どん浴HP→http://donyoku.dosl2018.net/

どん浴Twitterhttps://twitter.com/donyoku2018

大路香里Twitterhttps://twitter.com/Donyoku_oji

 

 

 

3月のどん浴はどんよくなイベント月間

こんばんは、どん浴の大路です。

 

3月に入りましたが、少し暖かくなったかと思えばまた寒くなり…で、春はもう少し先かなって感じですね。

 

そんな3月はじめの雨の日だったGRAMMY TOKYOさんとのコラボイベントですが、外の寒さを全く感じさせないほどの、熱気あふれる盛り上がりでした!

 

https://www.instagram.com/p/BukPOKYhMJa/

昨日のどん浴な一枚!グラミートーキョーさんとのコラボ、大盛況でした~✨お越しくださった皆様ありがとうございます!

 

ご来場いただいた皆様とっても楽しそうで、そしてGRAMMYスタッフさんもとても親切で、ほんとにハッピーなイベントでした。

コラボさせていただき本当にありがとうございました~! 

 

GRAMMYさん、次は3月30日にお花見イベントをされるそうですよ!

いいな~みんなでお花見!きっと楽しいと思います!!

 

 

さてさて、3月のどん浴はまだまだイベント盛りだくさんです~

 

まず3月10日、「異業種、異文化、異団体交流会」です!

f:id:DONYOKU:20190309095801j:plain

異業種・異文化・異団体交流会

サンフランシスコ LGBT Community Centerの元役員で、ファンドレイズ(資金集め)をメイン業務とされているスパークスさんにお話を聞きながら、いろんな団体で交流しようの会です!

 

非営利団体や個人で活動をされている方にとって、お金の問題ってつきものですよね。

しかも同じ境遇の人に相談しようにも、日本では団体同士の交流の機会って少ないかな…と思います。

 

アメリカではコミュニティ同士の交流が盛んで、協力関係を築いているそうです。

 

そんなアメリカでの実例や、スパークスさんのファンドレイズの経験を聞いて、ゆるっと交流もしましょう。

 

現在、約20名の方にお申込みいただいています☆ 

まだ受付しておりますので、ご興味のある方はお早めに!

 

www.kokuchpro.com

 

 

続きまして3月11日、東北LOVEオフ会です!

 

f:id:DONYOKU:20190309110422j:plain

東北LOVEオフ会

先日、重たい記事をアップさせていただきましたが、こちらも現在、約20名の方が参加予定です★

 

東北出身じゃないしあんまり知らないし、行っていいのか…という声も聞きますが、大事なのはLOVEです。愛だろ、愛。

 

持ち寄りいただくものも、いかにんじんとかお酒とかいぶりがっことか色々あるみたいです!ちなみにおーじはスモークささかまを持ち寄り予定ですよ。

 

こちらもまだお申込み受け付けてます~!ご参加お待ちしております。

 

www.kokuchpro.com

 

 

はい、さらにさらに3月24日!

のんびり穏やかな関係を築ける人と出会いたい、そんな人のためのオフ会を開催します☆

名付けて「縁側オフ会」です。

 

f:id:DONYOKU:20190309113105p:plain

縁側オフ会

 

今回は女性限定とさせていただきましたが、今後は例えば「ポリセクシュアルの方限定」とか、対象を変えて定期的に開催していこうと考えています。

 

ちょうど桜の時期ですし、オフ会後は参加者の方と一緒に御苑でお花見もできるかもしれません。

昼間のオフ会なので安心安全ですし、我々スタッフがサポートしますよ!

 

春だし新しい出会いが欲しい方、ぜひぜひご参加ください~

 

goo.gl

 

 

 

はい、そして3月最後のイベントはこちら!3月30日悪女ナイト!

 

f:id:DONYOKU:20190309114400j:plain

「コラージュ」悪女ナイト

異装を楽しむどん浴イベント「コラージュ」企画の第一弾です。

毎回、服装のテーマを決めてみんなでドレスアップして楽しもうの会です!

 

そして今回のテーマは「悪女」、悪女のイメージは様々…次々と男を誘惑する女だったり、あるいはおとぎ話の魔女だったり、あるいは、あなたを捨てたあの女だったり?

 

そんな、思い思いの悪女の恰好をして来てもらえたらと思います。

 

特に今回は、女装さん大歓迎です!!

 

スタッフのほのかさんの繋がりもあって、どん浴には女装の方がよくお越しくださるんですけど、みなさんお洒落だしお化粧上手いし…すごいなあ、わたしも見習わなきゃと思っていつも見ております。

 

そんな女装の方、ぜひぜひ来てください、そして私に化粧教えてください(笑)

女装の方と仲良くなりたいとか、キレイのコツを聞きたい方も大歓迎です。

もしメンズ服を着たい方は、全身黒コーデでお願いします☆

 

フォトコンテストなんかもやる予定ですよ~

 

ちなみに私は、「悪の組織のパーティに潜入して捜査中の警察…かと思いきや実は2重スパイの女」をやりたいです。私利私欲でしか動かないタイプの計算高い悪女やりたい!

 

あなたの思う悪女はどんな悪女ですか?

装いを楽しみましょ!お待ちしております~

 

こちらは事前申し込み不要です。当日どん浴までお越しくださいませ。

 

イベント詳細
日時:3.30(土)19:00~22:00
会場:足湯cafe&bar どん浴 アクセス :: 足湯cafe&barどん浴
費用:¥2500(1ドリンク付)
条件:18歳以上クロスドレッサーにポジティブな方 ※IDチェック有

 

 

ではでは今回はこの辺で、イベントでも通常営業でも、あなたにお会いできるのを心からお待ちしております!

 

 

どん浴HP→http://donyoku.dosl2018.net/

どん浴Twitterhttps://twitter.com/donyoku2018

大路香里Twitterhttps://twitter.com/Donyoku_oji

 

3月11日、東北LOVEオフ会に寄せて

こんにちは、どん浴の大路です。

 

3月11日に予定している東北LOVEオフ会、すでにお申し込みをくださった方々、ありがとうございます。

 今回のオフ会にあたって、どんな思いがあって開催するのかを書こうと思いブログを更新することにしました。

 

…が、今回のブログは大変長いそして暗いです。

このまま読み進めるかどうか、↓のイラストをご覧くださいませ。

 

 

f:id:DONYOKU:20190303234512j:plain

 

 

 

1.「あの日」当日

 

はじめ小さかった揺れが大きくなって机の下に潜り込んだ。震源地はどこだ。昨日と一昨日も東北で大きな地震が起きている。まさかとは思うが、不安が募っていく。

揺れが収まった後すぐに両親と友達にメールする。誰かが宮城で震度6強と言った。最悪だ。

早く返事くれと祈りながら、引っ越し作業を再開する。

心配だが他にすることがない。母からはすぐに返事が来る。まず一安心。

頼むからみんな無事でいてくれと思いながら段ボールを運んでいたら、食堂のテレビに人だかりができていた。津波警報が出ていた。釜石市の高架が写った。

橋脚が妙に短く見える…津波って普通は湾の外まで来ないだろう…なんだこれ…。大船渡のばあちゃんたちと、岩沼のおばちゃんの事が頭に浮かんだ。一旦席に戻る。



これ、当時の私が書いていた記録からの抜粋です。

 

 

地震のあった当日、私は東京の会社で席替えの引っ越し作業をしていました。

地震直後に仙台の両親の無事はなんとか確認がとれたものの、そのほかの親戚や友人の安否は全て分からなくなりました。

 

 

テレビから繰り返し流れてくる断片的だけど凄惨な映像に、「あの人は助からないかもしれない」という不安ばかりが掻き立てられて、そんな数時間前の様子はいいから現在の状況を正確に知らせてほしい、情報が欲しいという焦燥感に駆られていたのを覚えています。



 

2.とにかく手がかりがほしい

 

それからはテレビでニュース、PCのテレビチューナーを起動して安否確認のチャンネルを見ながら、ネットで安否情報を集め続けた。

Googleで名前を入れて安否情報を確認できるサイトができていた、試しに入れて見るも出てこない。

テレビで避難所が映されれば、知った顔がないか探す。伝言ダイヤルにもかけてみるが、メッセージはなかった。

テレビの安否情報は、関東から東北の人間に「連絡欲しい」というメッセージばかりだ。ほんの少しでも手がかりが得られれば、実家を心配している母を少しでも楽にできるかもしれないのに…。

 

それからあちらには殆ど情報がないらしい。仙台市仙台市水道局と東北電力のサイトを常に立ち上げて、給水所や病院の情報が入ったら送る。

送る情報は慎重に選ぶ。あちらは電気がない、携帯の電池の消費は極力避けたい。

 

中略

 

それからツイッターにユーザー登録をした。勝手は分からないが簡単そうだ。

多賀城 桜木 と入れてツイートを検索した。殆どが実名を入れての安否確認だった。

私も20代の女性と年配の女性を桜木周辺の避難所で見た方はいないかと入れてみたが、返信なし。

ここでそもそも自分の身を守るので精一杯な人間が、遠方の人間に無事を伝えようという発想に至るはずがないということに気付いた。

それでもおとなしく待つことはできない。検索を続け、「連絡が取れた」というツイートを探す。



翌日からはネットとテレビでの安否情報の確認やら、給水所や電力復旧の情報を現地に送る作業に追われていました。

 

余談ですが、Twitterやその情報をまとめたサイトなどは役に立ちました。連絡が取れた、というツイートをした人にDMを送って詳しく状況を聞くことができ、「この場所にいたとであろう友人はきっと無事」という程度の情報は得ることができました。

 

テレビに岩沼が映った。祖母が息を引き取った海沿いのホスピスの一階が浸水して、屋上で職員たちがSOSを掲げていた。なんてこった最悪だ。

その後兄から電話が来たとき、こうなる前に祖母が亡くなってくれていてよかったという話になった。死を待つばかりで安息を得るはずだった場所で、溺れて死なれしたら本当にやりきれない。

だが電話を切ったあと、そうやって亡くなった人と、そうやって家族に亡くなられてしまった人がいるのだと思った。涙が出た。



情報収集を続けていると、当然ながら現地の状況を知ることになります。

私の大事な人たちが運よく避けられた災難に見舞われた人が確実にいて、時間が経過するごとに、どれだけたくさんの人が悲惨すぎる目にあったのかが次第に明らかになっていきます。

 

テレビから流れる知っている土地、よく知った言葉のイントネーション、どれもが圧倒的な現実を私に思い知らせるには十分すぎて、被災した人達を思ってはいたたまれなくなり、まだ安否が分からない私の大事な人を思っては焦燥感が募り…といった状況でした。



3.何もできないことへの無力感

 

母に状況はどうとメールした。返信には「食糧とガソリンの入手が困難ですが、何とかなると思います」と…地震発生から一番こたえた。涙が止まらない。

 

そうなのだ、無事というのは地震で死ななかったというだけの話で、その人たちは今やっと生きているだけなのだ。手に入るか分からない食糧を買うために、寒空の中並ぶ母親を想像するとやりきれない。

今すぐにでも行って助けたいが、今行っていいのは自衛隊や災害のプロであって、私のような一般人は何の役にも立たない邪魔者だ。第一行く手段がない。

できることと言えば励ましと情報提供くらいだ。ツイッターで近所のスーパーの情報がないか探し始める。

なのに母親は、こちらの停電と余震を心配してメールをしてくる。食糧や灯りはあるかと。

いいから生きることに集中してくれと思ったので、こちらは郊外だから物が手に入りやすい、大丈夫と送る。正直近所のコンビニは全く食料品がなかったが。母の返信と同時くらいに、大行列の調布のスーパーが映った。



この知らせをもらったとき、なんで私は地元を出たんだと心底後悔しました。

いたところで何ができたわけでもないかもしれないけど、今よりはよっぽどマシだと。

ここにいたって本当に何もできない。いま必要なのは励ましなんかじゃなくて物資なのに、と。

ここまで自分の無力さを思い知らされたのは初めてだったと思います。

似たようなことをmixiに書いている同郷の友人もたくさんいて、きっと、当時上京していた被災地出身の方は似たような無力感を覚えたのではと思います。

 

そしてこのあたりから、地震発生当初から感じていた、この震災についての「認識の温度差」に苦しむことになります。



4.所詮、対岸の火事…?

 

そうこうしている間に、神奈川工場から連絡が入る。福岡からある製品の依頼が来たと言われた。聞いてないなと思ったので、Kさんに確認してもらう。Hさんが依頼したらしいが、今まで忘れていて急依頼になったらしい。それを、宮城工場が被害を受けて物が出せなくなったとお客さんに説明したらしい。Kさんが笑いながらそう言った。今まで聞いた中で最悪の言い訳だ。PCのアラームが止まらないのを聞いて、Sさんが「津波来たかと思っちゃうだろ」と言った。今まで聞いた中で最悪の冗談だ。

 

中略

 

そして宮城工場の状況の話になった。Uさんが目を赤くしながら、現地の社員に思いやりを持ってくれと言った。宮城工場の人の個人携帯に仕事の電話が入った、そういうのはやめてくれと。……それ本当か?信じられないくらい最悪だ。

電気も水もなくてろくに食べてもいない、自分は無事でも家族や友人は亡くなったかもしれない。携帯の充電だって貴重だ。そんな人に、「俺の頼んだ製品はどうなってる」なんて聞いた人間がいるのか。涙が出そうになったが、必死でこらえる。脈拍がとんでもなく早かった。走ってもいないのに、こんなに早くなるは初めてだった。



もちろん、本当にこの状況に心を痛めて行動してくれた人も周りにもたくさんいました。

日に日に追い込まれていく私を思って泣いてくれた人も、文句ひとつ言わずに全面的に協力してくれた西日本の営業所や工場の人もいました。

 

33歳になった今なら、心ない言動をする人は一部だと割り切れるのですが、当時まだ25歳だった私には、一部の人の心ない言動は他者全般に対する失望感へと変わっていきました。

 

現地の状況に思いを馳せて悲しみ、まだ安否の分からない人たちを考えては焦り、無力感には打ちひしがれて、さらには他人に失望して、あまりに目まぐるしく入れ替わり立ち替わり襲ってくる負の感情に心が削ぎ取られていくのを感じながら、それでもあの人の「無事」の知らせが欲しくて、ほんの少しの手がかりを探していた…

 

それが、私にとっての東日本大震災だったと言えると思います。



5.福島の友達に励まされる

 

それでも救いをくれた言葉はありました。

 

私は当時メーカーに勤めていましたが、作っている製品はなくても明日生きるのに困るようなものではなく、それがまた私の無力感に拍車をかけていました。

いまこんな製品、世の中のどこも必要としてないと思っていましたし、そんなことしかできない自分が情けないと思ってたんですね。

 

それでこまめに連絡を取っていた福島の友人に思わず愚痴ってしまったら、こう返ってきました。

 

福島のMちゃんに「今の私の仕事は何の役にも立てず申し訳ない」と言ったら、「いやいやこれから復興に向けて忙しくなるよ!経済回さないと」と言われた。原発で怯えていた人間から復興の言葉が出た。なんで被災した人間ばっかりこうも前向きなんだ。

 

地元にばっかり意識が向いていた私は言われて気づきました。

無事な地域でなるべくいつも通りの生活を送るのが、少なくとも経済活動という点では復興の助けになるということに。

 

何もできないと思っていた私にとっては、本当に救われる一言でした。

 

明日も仕事行こう、何もできないことに変わりはなくとも、ほんのちょっと経済を回す力になるなら、少なくとも無意味ではないんだなと思えるようになりました。

 

 

 

6.何もできなかったなりに思うこと

 

大して自分は被害も受けてないのに右往左往するばかりで、本当にあの時は何もできなかった私ですけど…

もし私と同じように、あの時に何もできなかったとか、何かしたかったけどどうしていいか分からなかったとか思っている人がいたら、少しは声を掛けられるかなと思います。

 

あながた今日まで生きてきたということは、程度はどうあれ社会に関わってきたということだし、それってきっと2011年から今に至るまでの復興のプロセスに加わってきたって言えるんじゃない?

 

という感じで。

 

そしてあの日からもうすぐ8年が経って、まだまだ復興の道は遠いかもしれないけど、あるところは元通りに、あるところは新しいものが生まれ、少しずつ彩りを取り戻していく東北の好きなところを集まった人と話せたら、それって素敵なことじゃないかなと思います。


そういうささやかな思いで去年からはじまったのが、東北LOVEオフ会です。

もし、行ってみたいけど東北の出身じゃないとか、自分は震災のときに大変な思いをしたわけじゃないとか、逆にあの日を思い出すとか、そういう方にもぜひ来てほしいです。

 

前回も東北あるある話とか方言ネタとかですごく盛り上がりまして、とても東北愛に溢れた温かい会でした。

またあんな風に盛り上がれたらと思っています。

 

イベント概要

日時:2019年3月11日(月)19:00~22:00
場所:足湯cafe&barどん浴
   アクセス→https://donyoku.dosl2018.net/234
会費:2000円(2ドリンク・玉こん・芋煮付き)
条件:①LGBTQもしくはAllyで東北が好きな方
   ②東北の食べ物または飲み物を1品持ち寄れる方

 

お申込みはこちらから↓ 

www.kokuchpro.com

 

それでは、イベントであなたにお会いできるのを心よりお待ちしています。

 

 

 

どん浴HP→http://donyoku.dosl2018.net/

どん浴Twitterhttps://twitter.com/donyoku2018

大路香里Twitterhttps://twitter.com/Donyoku_oji